美容外科のダイエットで簡単Beauty│理想のBODYになろう

女性

注射を使った方法

お腹

美容外科のダイエットで、脂肪吸引は確実な方法です。しかし、体に管を挿入する必要があるので、それが怖いという人が多いのも事実です。そのため、最近ではもっと手軽に受けられるようなダイエット方法があります。近年人気があるものが、メソセラピーと呼ばれる脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は、名前の通り脂肪を落とすことができる注射です。皮下脂肪を破壊し、体の外に排出していきます。注射なので、二の腕やお腹という様な場所にも効果があり、部分痩せの方法の一つとして盛んになってきています。なお、注射は数回の施術を受けることで効果がわかります。脂肪吸引はダイレクトにすぐに痩せていきますが、脂肪溶解注射の場合は、自然にゆっくりと痩せていきます。急に痩せるのではなく、自然に徐々に痩せていきたいという人に向いている方法で、体の負担も少ないことから多くの人たちが注目しています。また、最近の施術の一つに、カーボメッドというものがあります。炭酸ガスを注入し、代謝を上げていくもので、注入した部分を有酸素運動したのと同様の状態にしていくことで、部分痩せができます。皮下脂肪に効果的なだけでなく、代謝をあげることで肌を美しくする効果や、アンチエイジングにも効果があるとされています。アンチエイジングを同時に行ない、若々しい見た目を手に入れたいという人に向いている施術です。

部分痩せを行ないたいというような場合に、最近人気が高くなっているものが、リポレーザーと呼ばれるものです。皮下脂肪にレーザーを当てていくという技法で、脂肪細胞を減らしていくという効果があります。注射針を使ってレーザーを当てていきますが、針は細いため傷跡も殆ど無く、肌へのダメージは数日で消えます。レーザーは肌を活性化させるという効果も高いことら、美肌効果を同時に期待することができる施術で、肌を美しくしたいという人にも向いています。なお、ボトックス注射は、近年ダイエットとしても使われることが増えてきました。もともとシワやワキガ治療に使われることが多く、ダイエットというイメージはあまりない人も多いですが、ボトックスを利用して痩せていくという手法を取ることも増えてきています。ボトックス注射が向いているものが、ふくらはぎの施術です。ふくらはぎの場合、筋肉が発達して太くなっているということも多く、脂肪ではないため、なかなか痩せていくことが難しいこともあります。しかし、ボトックス注射を行なうことで、筋肉を弱めることができ、ほっそりとした脚を手に入れることが可能です。注射を利用したダイエット方法のほとんどが、ダウンタイムや施術後に腫れるということや痛みを感じるということがありません。簡単に受けることができるので、高い人気を集めています。